「明礬湯の里」の『薬用湯の花』(別府・明礬温泉)

源泉数、泉質数日本一で、まさに「温泉のデパート」である別府(大分県)。
その「別府八湯」で、最高所に位置するのが、明礬(みょうばん)温泉です。
50棟もの藁葺(わらぶ)き屋根の「湯の花小屋」 が建ち並び、昔ながらの共同浴場も健在の風情あふれる温泉地です。その温泉を家庭でも楽しめるのが別府・明礬温泉『薬用湯の花』です。

201603010202
↑明礬大橋と「湯の花小屋」が並ぶ明礬温泉

江戸時代と同じ方法で湯の花を採取

明礬温泉は、その名の通り、明礬が採取できる温泉。
江戸時代前期、享保10年(1725年)頃、渡辺五郎右衛門が別府で初めて明礬を採取。
当時、明礬は染め物の触媒に、そして止血や下痢止めの薬にと重宝されたのです。

明礬温泉には藁葺き屋根の「湯の花小屋」がズラリと並んでいますが、この小屋掛けのなかで湯の花を採取しています。
江戸時代以来の伝統的な採取法は、国の重要無形民俗文化財にも指定されているのです。

湯の花とは、はアルミニウムと鉄の硫酸化合物である鉄明礬石の結晶のこと(アルミニウムを鉄で置換したもの)。
明礬温泉は地下30cmほどのところに温泉脈があります。
噴気の多い場所に簡素な小屋を掛け、内部に温泉ガスが均等に噴出できるよう栗石で石畳みを敷き、さらに青粘土(学名・モンモリロナイト)を敷き詰めます。

地下のガスの噴気が栗石の隙間から青粘土の中に入り、ガス中の成分と青粘土の成分が結晶。
これで誕生する結晶が湯の花で、1日わずか1mmとゆっくりと成長し、40日~60日かけて製品化されるのです。
(「湯の花小屋」は8:00~18:00の間、自由に見学が可能です)
201603010203
↑江戸時代と変わらぬ製法で湯の花を採取

家庭で即席の明礬温泉を楽しもう!

さてさてそんな「湯の花小屋」で製造される湯の花ですが、日帰り専門の入浴施設である、明礬湯の里は、湯の花の製造直売所でもあるのです。
敷地内の「湯の花小屋」で製造する湯の花が直売されるとあって、まさにホンモノ。
「湯の花を自宅の湯船に入れるだけで『即席明礬温泉』になり、いつでも気軽に明礬温泉をお楽しみいただけます」とのこと。

ただし、天然ゆえにその成分から、風呂釜や金属部分が痛む可能性があるので、入浴後は風呂の湯を抜き、さっと湯船の周囲を水洗いしておくことが必要だ。
薬用「湯の花」というだけあって、水虫・あせも・神経痛・リウマチ・痔疾・腰痛・冷え症・肩こり・ただれ・いんきん・しっしん・しもやけ・たむし・くじき・かいせんに効能がある。

便利なパック入りで、16回分、25回分があり、1回あたりの単価は130円ほど。かなりコスパもいい。

201603010204
↑明礬湯の里自慢の大露天風呂(単純硫黄泉)

楽天で別府・明礬温泉『薬用湯の花』を注文する(レビューが多い順)
Amazonで別府明礬温泉 薬用湯の花 10g×25個入(入浴剤)を注文する
Amazonで別府明礬温泉 薬用湯の花 8個入(入浴剤)を注文する
Yahoo!ショッピングで別府・明礬温泉『薬用湯の花』を注文する(送料無料)

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!