織田信長も愛用? 伊吹薬草「富貴美人」

薬草というなら、有名なのは木曽御嶽山と、滋賀県の伊吹山。
伊吹山は標高こそ1377mとさほどでないのですが、日本海に近いこともあって冬季の豪雪で知られています。東海道新幹線が積雪で苦戦する関ヶ原も伊吹山の山麓です。

花好きには有名な伊吹山、織田信長は薬草園を開いた!

その伊吹山、山上はお花畑で、イブキトラノオのように、イブキを冠した高山植物も多いので、花の好きな人には有名な場所になっています。
取材班がオススメは、そんな伊吹山の山腹で栽培される伊吹薬草。実は、織田信長が伊吹山に栽培地を作ったという歴史ある薬草です。信長ブランドなら、一度使ってみる手はあるでしょう。
織田信長は、永禄年間(1558年~1570年)、伊吹山の山中にポルトガル人宣教師フランシスコ・カブラル(Francisco Cabral)の進言で、宣教師らから入手した薬草3を栽培する薬草園を開設。ポルトガル人が自国で用いていたハーブもこの地に植えられたのだとか。
伊吹山山頂お花畑

ヨモギ、トウキ、センキュウが「伊吹三大薬草」。明治末に薬草を研究した川崎義令によればその種類は1000種にも及んでいます。
イブキジャコウソウ(ナンマンジャコウソウ)は、信長が伊吹山麓に開いた50haの薬草園跡から明治末に川崎義令により発見されたのでナンマン(南蛮)と名付けられたのだとか。

「伊吹もぐさ」もそんな信長由来の薬草の活用といえるでしょう。
伊吹山麓で人気の日帰り入浴施設、「ジョイいぶき」(伊吹薬草の里文化センター/滋賀県米原市/下の写真)の「いぶき薬草湯」(露天風呂)で使われる薬草は、ヨモギ(ガイヨウ)を主体にトウキ・ジュウヤク・ハッカ・センキュウ・チンピ・シャクヤクをブレンドしているのだとか。
ジョイいぶき

家庭で楽しむ伊吹薬草『天然薬草入浴剤富貴美人』

そんな織田信長も注目した伊吹薬草を家庭で楽しめるのが、地元メーカーの伊吹薬草が出す、『天然薬草入浴剤富貴美人』。
センキュウ・トウキ・ガイヨウ(よもぎ)・ジュウヤク(どくだみ)・シャクヤク・チンピ・ハッカと天然生薬7種を配合した入浴剤です。
配合といっても乾燥させた薬草を単にブレンドしたというワイルドなもの。
いわば薬草茶を風呂に入れているような感じですね。

少し値が張りますが、よーく温まります。
ただし、ホーローや大理石の風呂は変色の可能性があるので注意が必要です。
「冷え症・腰痛・肩のこり・あさも・リウマチ・神経痛・疲労回復・しっしん・しもやけ・荒れ性などに効果があります。薬草の良い香りと効能で体ぽかぽかになり、熟睡できます。
天然素材の薬草の力で血行を良くし、冷え症改善や肌を整える美肌の効果があります。」(米原市商工会)

富貴美人を使った取材班の感想は、
「ホンモノ! ポカポカになる。多めに入れるとクラクラするくらいに効きます。だから適量を入れるようにしています」
「香りが薬草そのもので、織田信長もこれが好きだったんだと感動」
「残り湯をベランダのプランターにかけたけど大丈夫でした。土にもいいのかも」

伊吹山山頂、伊吹山ドライブウェイ終点にあるスカイテラス伊吹山のショッピングコーナーでも販売されていますのでお見逃しなく。

スカイテラス伊吹山 伊吹山山頂

伊吹薬草「富貴美人」をYahoo!ショッピングで注文するならこちら(売れている順)

伊吹薬草「富貴美人」を楽天市場で注文するならこちら(価格が安い順)

天然薬草入浴剤富貴美人15g10袋入りをAmazonで注文するならこちら

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!