オリヂナル株式会社の『薬湯』ヒバ(檜)

目下販売されている市販の入浴剤の中で、手軽に使えて、安心安全。
さらにコスパもいいのがこのオリヂナルの『薬湯』シリーズ。
一部の薬局でも販売され、ネットでも入手可能です。

DSCN1367

オリヂナル株式会社は江戸時代創業!?

オリヂナルの『薬湯』シリーズには痔・しっしん・荒れ性=ヒバ(檜)、荒れ性・しっしん・疲労=シルク、腰痛・リウマチ・肩こり=ハッカ脳、冷え性・神経痛・疲労=ショウガと、用途別に4タイプが発売されています。
まさに漢方薬的な発想ですが、このオリヂナル株式会社、前身は東京・日本橋にて香油を販売していた井筒屋香油店。その後、安藤福太郎が独立して日本橋水天宮に安藤井筒堂を出店し、「象印歯磨」や「象印石鹸」を発売。
そして明治時代に日本で初めての国産香水「オリヂナル」を発売、さらに明治32年に発売開始の口中清涼剤「カオール」(和漢生薬11種を適切に配合した純良な口中清涼剤)を発売と、なかなか芯がしかkりとした企業なのです。
戦後も、昭和28年にはハンドクリーム「ももの花」を発売。「桃の葉ローション」とともにロングセラーになっています。
ちなみに、往時には仁丹と勢力を二分したという口中清涼剤「カオール」は今も発売中。

『薬湯』シリーズは無着色、無香料!

オリヂナルの『薬湯』シリーズも発売から20年以上続く、ロングセラーです。
まず、市販の入浴剤は、着色料や香料が入っているのが大半。

市販の入浴剤は、炭酸水素ナトリウム、塩化ナトリウム、無水硫酸ナトリウムなど、温泉成分が入っているのは同じですが、これに青色2号とか、多様なタール系着色料で色を付け、無理矢理香料で香りを付けた、「温泉もどき」がほとんどなのです。

オリヂナルの『薬湯』シリーズは、有効成分に炭酸水素ナトリウム、塩化ナトリウム、無水硫酸ナトリウムと甘草エキス。

これにヒバ(檜)の場合は、天然のヒバ油、スクワラン、リボフラビンを加えているのです。
痔・しっしん・荒れ性に効能があると謳うのは、ヒバ油に含まれるヒノキチオールの殺菌効果などを期待してのこと。
スクワラン、リボフラビンで肌を保湿してくれますから熟年世代の乾燥肌や、アトピー性皮膚炎の人にも最適でしょう。

DSCN1892

身近な人の体験では、「白湯(さゆ)と違ってよく温まる」は、当然のこと、「夜、トイレに起きる回数が減った」「蒲団に入ってからの身体のかゆみがなくなった」という声が聞こえてきます。
薬局で売られる着色料あり、香料添加に比べると、価格はやはり倍くらいはしますが、その分効果も大きいというのが実感です。
「赤ちゃんに使っても大丈夫」
というのも、安心安全の証拠でしょう。

DSCN1898

オリヂナルの薬湯を楽天市場で注文するならこちら

オリヂナルの薬湯をYahoo!ショッピングで注文するならこちら

NEWオリヂナル薬湯 ヒバ 750gをAmazonで注文するならこちら

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!